管理人が経験した不妊治療の体験記-子宮奇形・第2子不妊-

第2子不妊治療体験記

2005年7月 第2子不妊治療記(タイミング編)

(10日目) 単角子宮でも心配ない?

更新日:

今日、もう一度レントゲンを撮って造影液がお腹のなかで
キチンと拡散しているかどうかを確認の後、
昨日の結果を先生から説明された。
他の4人は横並びで看護師から説明を受けている中、私だけ別室に呼ばれた。
先生がニコニコと待っている。
(なんでアンタ笑うん?)
先生の説明はつまりこういう事。
①間違いなく単角子宮である。
②単角子宮だからといって、必ずしもと不妊の原因にはならない。
②流産、早産になりやすいとする学説もあるが、定かではない。
③単角だろうと双角だろうと何人も子供を産んでる人はたくさんいる。
④とりあえず、次の周期でMRIを受けるように。
⑤一人産んでるんだから、心配するな。次もできるはずだ。
先生がいくら不妊の原因にはならないって言ったってさ、
やっぱり今までできない理由はそこにあるんじゃないの?と思ってしまう。
でも先生としては、そう言うしかないよね。
難しい顔して「先行き真っ暗」なんて言えないもんね。
にこやかに、笑顔で「心配ありませんよ。」って言わなきゃ
いけない立場なんだろうね。
わかるんだけどね、でもこの現実を受け入れるには少し時間がかかりそう。
心配ないなんて気安く言わないで欲しい。。

-2005年7月, 第2子不妊治療記(タイミング編)

Copyright© 第2子不妊治療体験記 , 2019 All Rights Reserved.