管理人が経験した不妊治療の体験記-子宮奇形・第2子不妊-

第2子不妊治療体験記

2005年8月 第2子不妊治療記(タイミング編)

12日目 MRI

更新日:

今日は、指定された総合病院へMRIを撮りに行きました。
レモンは無認可の時間制の託児所へ預けました。
卵管造影の日にも預けているし、少人数制で先生方がべったり遊んでくれるのが気に入っているらしく、「ちびっこらんど、だーいしゅき!」と喜んで行ってくれるので助かります。
さて、受付で紹介状を出し、10分ほど待つ。
その後、MRIの部屋へ。
洋服を脱いで、専用の浴衣みたいなんに着替えるように指示されました。
下着はOKだけど、ブラジャーは不可。
金目のものはダメなんだそうです。
ベッドに寝かせられると、ヘッドホンを付けられました。
音がうるさいから耳を守るためなんだそうです。
「中が狭いので、たまに閉所恐怖症の方は恐く感じることがあります。何かありましたが、このブザーでお知らせください。」だってさ。
時間は30分ほど。
子宮のまわりに電磁波が飛んでいるのがよくわかりました。
だって子宮がジンワリあったかかったから。
電子レンジと一緒だわねー。って感じで。
閉所恐怖症は大丈夫だったけど、ヘッドホンの音がうるさくてまいりました。
結果は2週間後、不妊治療しているクリニックで、とのこと。
どうせ、単角子宮だという結果は変わらないんでしょ?
もう、どっちでもいいけどさ。

-2005年8月, 第2子不妊治療記(タイミング編)

Copyright© 第2子不妊治療体験記 , 2019 All Rights Reserved.