管理人が経験した不妊治療の体験記-子宮奇形・第2子不妊-

第2子不妊治療体験記

2006年7月 第2子不妊治療記(タイミング編)

(3日目) 人工授精の決意

投稿日:

生理が来たから診察に行って薬をもらった。
先生;「今回も生理きちゃいましたかdown。」
私;「はい来ちゃいましたニコニコ。」
どういうリアクションしていいのかわかんないよね。
ガッカリしてる風にしたらいいのか、まだまだ前向きって感じをかもし出したらいいのか?
今回はできてるはずないんですよ。
だってタイミングなかったんだから。
先生;「失礼ですが、タイミングの回数が少し少ないですね?」
「男性はそれなりに短い間隔で射精しないと体調まで良くならないものなんですよ。排卵の時だけ頑張るっていってもねぇ」
プーやん、私は毎回毎回生理がくるたびにこの嫌味を聞いてるんだよ。
わかるかい君?
君がタイミング当日に爆睡こいて、私はそのおかげでこの嫌味を聞くんだよ。
君はタイミング当日だけのお勤めで、そりゃぁお気楽だろうよ。
イカン、またムカついてきたニョロ
でも今回の私にはある決意がある。
私の場合、卵が右の卵巣にできないとチャンスはない。
これだけで、チャンスは人の半分。
せっかく右にいい卵ができたとしても、精子が良くなかったり、
頸管粘液が良くなかったりで、本当に条件が整ったためしは今までに一度もない。
治療を始めて一年のうちで、一度も無い。
これじゃあ、今後どれだけ治療を続けたらその日が来るのかわかったもんじゃない。
しかも、旦那はやる気なし。
やる気も無いうえに、品質管理も最悪。
ここ半年旦那の精子が元気に動いているのを拝見したことはない。
これが一番の問題だ。
っちゅうことで、次に右に卵ができて私の方の条件が整っていることがあったら、迷わず「人工授精」に踏み切りたい、と今日はっきり先生に伝えた。
「うーん、そうですか。。。」
先生はちょっと考えたけれど、
「そうですね、今の状況であればそうしてもいいのかもしれないですね。上のお子さんとの年齢差も気にされているようですし。」
「では、次回チャンスがあればAIHをするということで考えていきましょうか。」
と言ってくれた。
パーやったーパー
これで少しは私の不妊治療も一歩前進ということかな。
今よりは確率があがるってことじゃない?
今回も5日目より
セキソビット1日6錠×7日間、
クロミッド1日1錠×5日間。
加えてふーやんの精子改善のため漢方を処方される。
ツムラ41番
1日3包×2週間分
いつもは14日目OR15日目位に卵チェックのために来院するのだけれど、
今回はAIHの可能性も考慮して12日目に来てくださいとのこと。
ふーやん爆睡事件zzzから、ずーっと胸に重いものがつかえてた感じがしてたけれど、なんとなく、気がすっとして軽くなった結晶




-2006年7月, 第2子不妊治療記(タイミング編)

Copyright© 第2子不妊治療体験記 , 2019 All Rights Reserved.