管理人が経験した不妊治療の体験記-子宮奇形・第2子不妊-

第2子不妊治療体験記

2006年11月 第2子不妊治療記(タイミング編)

3日目 小休止

投稿日:

ガックシ落ち込んで立ち直れません。
今日、先生に今周期はお休みすることを伝えました。
クロミッドの副作用で内膜が少し薄くなってきているし、
2回連続で右に卵ができたので、今回は左の可能性が高いし、
精神的リフレッシュも必要だと考えたからです。
この先生は私たちの超自己中心的な意見を素直に聞いてくださるので助かります。
施設もボロボロ、待ち時間は長い、駐車場は止めにくい、看護婦はへたくそで採血の度に青あざになる。それでも、この婦人科に通うのは、ここの先生には何でも言えて、私の都合や考えをよく聞いてくださるからです。
先生は「それでも一応2週間後にいらしてください。もし右に良さそうな卵ができているようであれば、そこから打てる手もありますから。」と言ってくださいました。
1日3回薬を飲むのも、しんどいものです。
薬を飲むたびに、「今回は効きますように」と祈り、一度飲むのを忘れれば夜中に起き出して飲む時もあり。
精神的に拘束されてる気がしてイヤなもんですよね。
今回は、セキソビットもクロミッドもいただきませんでした。
これだと多分卵は育たず、何日経っても生理が来ないという事態にもなりかねないのですが、今回はそれでもいいと思っています。
子供が1人、という人生設計を見直す時期なのかもしれません。
ここでスッパリ割り切って、社会復帰するのもいいのかも。
このまま、次の子供にこだわっていたら、ドンドン自分の人生の時間を浪費してしまうと、少々焦り気味でもあります。
とりあえず、気分転換のために気分は東京ディズニーランドにトリップしています。
今年はグアムも行ったし、さまざまなことで臨時出費がかさんでいるので
TDRはあきらめていたのですが、今となってはストレスのはけ口がそこしかなく、
ハッキリ言って、先立つ物も計算せずに行く気満々ですたらーっ
次回からはTDR計画日記ですかな。

-2006年11月, 第2子不妊治療記(タイミング編)

Copyright© 第2子不妊治療体験記 , 2019 All Rights Reserved.