管理人が経験した不妊治療の体験記-子宮奇形・第2子不妊-

第2子不妊治療体験記

単角子宮とは

私も単角子宮です-管理人より-

更新日:

私は、第2子がなかなか授からず産婦人科で検査をして初めて単角子宮だと知りました。

私は第1子は自然妊娠、そのご切迫流産・切迫早産となり長期入院を経験。逆子のため帝王切開で出産しました。
その後、第2子が授からなかったため不妊治療専門クリニックへ行き、卵管造影検査をして初めて自分の子宮が単角子宮だと知りました。

第1子は帝王切開ですから、その時ドクターはお腹を開いて直接私の子宮を見ているはずなんですけど、その時には「単角子宮」だとは気が付かなかったんですよ。
不思議なもんです。

単角子宮だと聞いたときは相当ショックでした。
かなり落ち込みました。
で、妊娠できるのか?流産しないのか?そのほかどんなことでもいいから情報が知りたいと思ったのですが、ネットで調べても単角子宮についての情報はほとんどなし。
わからないことで、余計に不安になるんですよね。

その後不妊治療を続け、タイミング治療→人工授精(AIH)と進み、諦めかけた時にひょっこりできた第2子。
案の定、切迫流産・切迫早産ですったもんだしましたが、無事に出産に至りました。
2012年現在、幼稚園の年少さんになりましたよ。

単角子宮についての「情報がない」「わからない」ということが、一番不安ではありませんか?
そこで、単角子宮についての情報を出して少しでも皆さんの不安を解消できたらと思い、私の不妊治療記を公開することにしました。

単角子宮に悩むあなたの、少しでも励みになれれば幸いです。

 

 

-単角子宮とは

Copyright© 第2子不妊治療体験記 , 2019 All Rights Reserved.